アート体験プログラム

写真実技講座
-BUNTSU2-
※お申込み受付を終了致しました。

【開催日】[第1回]7月30日(土)または7月31日(日)
[第2回]10月1日(土) 
※2回シリーズの連続講座です。
※第1回目はどちらか1日のご参加となります。
【開催時間】[第1回]11:00~16:00 [第2回]未定 ※決定次第お知らせいたします。 【会場】[第1回]飛騨市文化交流センター(飛騨市古川町若宮2-1-63) [第2回]ぎふ清流文化プラザ(岐阜市学園町3-42)

【定員】30名  【受講料】1000円

  • 申込み受付中
  • 受付締め切り
  • 講座終了
  • 作品投稿受付中
  • 作品掲示中

講師のご紹介

講師

講師のご紹介

写真家野村佐紀子

九州産業大学芸術学部写真学科卒業。91年より荒木経惟に師事。主に男性の裸体を中心とした独特な世界を探求し続ける。93年より国内外で展覧会をおこなう。主な写真集に「裸ノ時間」(平凡社)、「黒闇」(Akio Nagasawa Publishing)、「海 1967 2022 下関 東京」(リトルモア)など多数。

プログラムの内容

「写真は想いが伝わる」。写真による文通を通して、多様な人々と交わり、想いを伝える写真の撮り方を学びます。文通と言っても手紙によるやりとりではなく、テーマにまつわる写真を撮影して交換します。第1回目の講座では、講師である野村佐紀子があなたのポートレートを撮影します。撮ること、撮られることの両方を体験できる講座です。協力:TASCぎふ

 

〇チェックリスト