アート体験プログラム

アヴァン ギャルドと現代アート

【開催日】[飛騨開催]11月6日(日) [中濃開催]12月11日(日) 【開催時間】13:30~15:00 【会場】 [飛騨開催]飛騨高山まちの博物館(高山市上一之町75) [中濃開催]せきてらす(関市平和通4-12-1)

【定員】各回20名 【受講料】無料

  • 申込み受付中
  • 受付締め切り
  • 講座終了
  • 作品投稿受付中
  • 作品掲示中

講師のご紹介

講師

講師のご紹介

洋画家・Art Award IN THE CUBE 企画委員会委員長桑原鑛司

1979年   岐阜県美術館開設準備室勤務
1982~86年 岐阜県美術館学芸員
2009~12年 ヤマザキマザック美術館学芸室長
2015年~  Art Award IN THE CUBE 企画委員長

昨年度講義の様子

プログラムの内容

アヴァン ギャルド(前衛)という言葉は第一次世界大戦(1914~18)頃に現れた新しい芸術、すなわちシュルレアリスム(超現実主義)や抽象絵画を指すものでした。特にシュルレアリスムが後世に与えた影響は絶大で、美術のみならず芸術全般に及びました。

そのシュルレアリスムの先駆者としてオディロン・ルドンの名は忘れることができません。モーリス・ドニの作品「セザンヌ礼賛」(1900制作)には、尊敬するセザンヌの絵を取り巻くようにナビ派の画家たちが並び、その中心にルドンが描かれています。印象主義を克服しようとしたナビ派の画家たちにとって、内面世界の表現に挑んだルドンは一歩先を行く先輩であり、後のシュルレアリストたちにとっても示唆に富んだ存在でした。印象主義やオディロン・ルドンの象徴主義は19世紀末のアヴァン ギャルドであったと言えるでしょう。

今回は岐阜県美術館の至宝オディロン・ルドンと今日のアヴァン ギャルドである「現代アート」に共通する”新しさに挑む心”の意義について考えてみたいと思います。

受講方法・お申し込み

受講をご希望の方は、下記の申し込みフォームに必要事項をご記入のうえご応募ください。
※1人でも多くの方に参加・体験いただくために、お申込み講座への参加の可否に関しましては、
 抽選後、結果を改めて事務局よりメールで配信いたします。

 

◆受講講座名
必須希望日程
必須お名前
必須ふりがな
任意性別(自由記載)
任意年齢
必須ご参加人数
任意ご参加者の詳細 ※2名以上で参加される方は、お連れ様全員のお名前(よみがな)、性別(自由記載)、年齢をご記入ください。
任意住所

必須メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
必須電話番号
任意備考欄 ※開催日時、開催時間が複数に亘る場合は、こちらに参加希望日時を記入してください。

個人情報保護方針