アート体験プログラム

メディアアート・ワークショップ
「音のなる器」を紡ぐ

【開催日】1月22日(日) 【開催時間】未定※決定次第お知らせいたします。 【会場】IAMAS(大垣市加賀野4-1-7)

【対象者】高校生以上 【定員】10名 【受講料】未定

  • 申込み受付中
  • 受付締め切り
  • 講座終了
  • 作品投稿受付中
  • 作品掲示中

講師のご紹介

講師

講師のご紹介

楽器インターフェース研究者/神戸芸術工科大学准教授金箱淳一

情報科学芸術大学院大学[IAMAS]修了。筑波大学大学院人間総合科学研究科で博士(感性科学)を取得後、障がいの有無にかかわらず、共に音楽を楽しめる「共遊楽器」(作家による造語)を研究・開発している。作品「楽器を纏う」の開発経験を基に東京2020パラリンピック閉会式 演出協力、他クライアントワークも多数行う。作品「音鈴-信濃」「Vibracion Banco」は長野県立美術館に所蔵。

プログラムの内容

日常で耳にする音をヒントにして、音のなる楽器(音具)を制作します。コンピュータを用いた電子工作を体験しながら、独自の楽器を奏で方も含めて創作します。

※内容は変更する可能性があります。

受講方法・お申し込み

受講をご希望の方は、下記の申し込みフォームに必要事項をご記入のうえご応募ください。
※1人でも多くの方に参加・体験いただくために、お申込み講座への参加の可否に関しましては、
 抽選後、結果を改めて事務局よりメールで配信いたします。

 

◆受講講座名
必須希望日程
必須お名前
必須ふりがな
任意性別(自由記載)
任意年齢
必須ご参加人数
任意ご参加者の詳細 ※2名以上で参加される方は、お連れ様全員のお名前(よみがな)、性別(自由記載)、年齢をご記入ください。
任意住所

必須メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
必須電話番号
任意備考欄 ※開催日時、開催時間が複数に亘る場合は、こちらに参加希望日時を記入してください。

個人情報保護方針