アート体験プログラム

彫刻・工芸講演会
チェコの現代ガラス-闘う芸術家たち

【開催日】11/14(日) 【開催時間】14:00~15:30 【会場】美濃焼ミュージアム(多治見市東町1-9-27)

【定員】20名 【受講料】無料

  • 申込み受付中
  • 受付締め切り
  • 講座終了
  • 作品投稿受付中
  • 作品掲示中

講師のご紹介

講師

講師のご紹介

美術評論家・多摩美術大学客員教授武田厚

1966-68年 山種美術館学芸員 
1968~86年 北海道立近代美術館学芸部長
1986-2001 横浜美術館学芸部長・副館長
2001年~ 多摩美術大学客員教授
2005年~ 富山市ガラス造形研究所顧問

チェコの二人の巨匠のガラス・オブジェ, Expo'70. Osaka, 1970

プログラムの内容

ボヘミアングラスの伝統を誇るチェコは、戦後の現代ガラスにおいても最前線を走り、現代美術としてのガラス芸術の確立に大きな役割を果たしてきました。そのガラス界の巨匠、スタニスラフ・リベンスキーとレネー・ロウビーチェクは1970年大阪万博のパビリオンにおいて巨大なガラスのオブジェを公開し、世界の人々を驚嘆させました。しかしその裏では当時の国家体制との人生を懸けた激烈な闘いの歴史がありました。二人の運命を左右した芸術家魂とは・・・

 

※講演会終了後に美濃焼ミュージアムの見学も行います。

受講方法・お申し込み

受講をご希望の方は、下記の申し込みフォームに必要事項をご記入のうえご応募ください。
※開催日時、開催時間が複数に亘る場合は、備考欄に参加希望日時を記入してください。
※1人でも多くの方に参加・体験いただくために、お申込み講座への参加の可否に関しましては、
 原則としてプラグラム開催の2カ月前を目途に、改めて事務局よりご連絡いたします。

 

◆受講講座名
必須お名前
必須ふりがな
任意性別(自由記載)
任意年齢
必須ご参加人数
任意ご参加者の詳細 ※2名以上で参加される方は、お連れ様全員のお名前(よみがな)、性別(自由記載)、年齢をご記入ください。
任意住所

必須メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
必須電話番号
任意備考欄 ※開催日時、開催時間が複数に亘る場合は、こちらに参加希望日時を記入してください。

個人情報保護方針