アート体験プログラム

写真・自由表現講演会
写真って何だ?/新しい写真の読み方

【開催日】10/3(日) 【開催時間】14:00~15:30 【会場】高山市図書館 煥章館(高山市馬場町2-115)

【対象者】高校生以上 【定員】20名 【受講料】無料

  • 申込み受付中
  • 受付締め切り
  • 講座終了
  • 作品投稿受付中
  • 作品掲示中

講師のご紹介

講師

講師のご紹介

美術史家・写真史家/東京藝術大学名誉教授・多摩美術大学客員教授伊藤俊治

美術史や写真史を中心に幅広い評論活動を行う。著作に『20世紀写真史』や『ジオラマ論』などがある。キュレーターとして海外での展覧会も多数企画する。

写真の読み方 初期から現代までの世界の大写真家67人

プログラムの内容

写真は1820年代に発明され、まもなく誕生して200年を迎えようとしています。19世紀、20世紀、21世紀と、この3世紀に生まれた写真は天文学的な数に及び、写真は人の記憶や経験の礎となり、多様な関係を張り巡らしてきました。特にグローバルネットワークの浸透した20世紀末以降、写真は地上のあらゆる光景を記録する新しい星を生み出してしまったかのようです。このアート体験プログラムでは、写真発明以降、様々な写真家たちが撮影してきたイメージ世界を新たな星に見立て、その光跡を体験してもらいながら、過去や未来を切り開く写真の冒険を探ろうと思います。

受講方法・お申し込み

受講をご希望の方は、下記の申し込みフォームに必要事項をご記入のうえご応募ください。
※開催日時、開催時間が複数に亘る場合は、備考欄に参加希望日時を記入してください。
※1人でも多くの方に参加・体験いただくために、お申込み講座への参加の可否に関しましては、
 原則としてプラグラム開催の2カ月前を目途に、改めて事務局よりご連絡いたします。

 

◆受講講座名
必須お名前
必須ふりがな
任意性別(自由記載)
任意年齢
必須ご参加人数
任意ご参加者の詳細 ※2名以上で参加される方は、お連れ様全員のお名前(よみがな)、性別(自由記載)、年齢をご記入ください。
任意住所

必須メールアドレス
※携帯メールアドレス ([★@ezweb.ne.jp] [★@docomo.ne.jp] [★@softbank.ne.jp]など) をご利用の場合は、あらかじめPCメールの受信許可設定を行なって下さい。
必須電話番号
任意備考欄 ※開催日時、開催時間が複数に亘る場合は、こちらに参加希望日時を記入してください。

個人情報保護方針