アート体験プログラム

現代アートの楽しみ方
ーぎふ美術展の自由表現部門とAAICー
※講義動画配信中

【開催日】第1回 8/9(月・振休) 第2回 11/20(土) 【開催時間】13:30~15:00 【会場】第1回 岐阜県美術館 講堂(岐阜市宇佐4-1-22) 第2回 飛騨高山まちの博物館 研修室(高山市上一之町75)

【定員】各回20名 【受講料】無料

  • 申込み受付中
  • 受付締め切り
  • 講座終了
  • 作品投稿受付中
  • 作品掲示中

講師のご紹介

講師

講師のご紹介

洋画家・AAIC企画委員会委員長桑原鑛司

1979年 岐阜県美術館開設準備室勤務、1982~1986年 岐阜県美術館学芸員、2009~2012年 ヤマザキマザック美術館 学芸室長、2015年~ Art Award IN THE CUBE企画委員会委員長

AAIC2020大賞作品

プログラムの内容

2018年に第1回ぎふ美術展を立ち上げたとき、新しい部門として「自由表現」を設けました。これは言わば現代アート部門と言ってもよいもので、アート・アウォード・イン・ザ・キューブ展(=AAIC)と同じジャンルです。現代アートとは、絵画・彫刻はもとより、パフォーマンス、インスタレーション、音楽、演劇、ダンス、ビデオアート、写真、AIなどを自由に取り込んだ総合芸術と言えるでしょう。つまりあらゆるジャンルの垣根を取り払った「今日(こんにち)」の芸術」です。

現代アートの魅力は、作家にとっては自由な表現であり、鑑賞者にとっては幅広い解釈だと言えるでしょう。今回は、第2回AAICの入賞作品の映像を見ながら「現代アート」を楽しみましょう。

〇講義動画配信中